ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2015年9月17日

2015年11月下旬、東横線・目黒線武蔵小杉駅南口高架下に飲食店舗5テナントが入居する新しい商業施設・駐輪場をオープンします

東京急行電鉄株式会社

当社は、東横線・目黒線武蔵小杉駅南口高架下に、飲食店5店が新たに入居する商業施設・駐輪場(以下、本施設)を、11月下旬を目途に開業します。

当社では、沿線の皆さまがイキイキと働き、快適に暮らし、楽しみのある街を実現するために、新たな取り組みとして「いい街 いい電車 プロジェクト」をスタートさせました。その重点施策として、東急線駅構内・高架下・駅ビルの店舗開発およびリニューアルを積極的に進めており、本施設もその一環となります。
武蔵小杉エリアは大型のマンションや商業施設の開業により、過去10年間で武蔵小杉駅の乗降客数が28%上昇、川崎市中原区の人口は同期間で16%増加しています。
本施設は、現在再開発が進む武蔵小杉駅東側エリアと、既に開発された西側エリアを結ぶ東急線武蔵小杉駅南口の高架下に位置しています。個性的な路面型飲食店舗を誘致し、街全体の回遊性を高めます。

また、1階の一部および2階には自転車345台、原付バイク73台(台数については予定)を収容する「東急武蔵小杉駅南口駐輪場」も整備します。


当社では、今秋以降も、駅構内、高架下にて順次新規開業およびリニューアルを予定しています。東急線が選ばれる沿線であり続けるために、東急沿線地域の生活価値向上に努めていきます。


当該施設の詳細は別紙の通りです。

イメージ

サブメニューです。

企業情報
  • 安全報告書
  • 環境報告書
  • WE DO ECO

ページの先頭へ