ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2016年8月9日

全国初 民間主体の規制緩和 「セグウェイツアーin二子玉川」 
9月2日(金)、一般の方を対象にした有料プログラムを開始します!

二子玉川地区交通環境浄化推進協議会
東京急行電鉄株式会社
セグウェイジャパン株式会社

二子玉川地区交通環境浄化推進協議会、東京急行電鉄株式会社、セグウェイジャパン株式会社は、交通マナー啓発を目的とした「セグウェイツアーin二子玉川」について、9月2日(金)から、一般の方を対象とした有料でのプログラム(以下、本取り組み)を開始します。
産業競争力強化法に基づく「企業実証特例制度」を活用し、民間が主体となって受ける搭乗型移動支援ロボットの公道走行に関する規制緩和としては、全国初の事例となります。

本取り組みは、「みちのコミュニケーション」をテーマに、歩きスマホや自転車のながら運転など、他者への気遣いに欠けた移動が散見される昨今、コミュニケーションをとりながら移動できるセグウェイの特徴を生かし、二子玉川の街並みや、街の方々とのコミュニケーションを楽しみながら、交通マナーへの意識を高めることを目的とした啓発活動です。

参加料は1人あたり6,000円(税込)で、収益は「セグウェイツアーin二子玉川」運営のほか、二子玉川地区交通環境浄化推進協議会等において地域住民が自ら進める地区内の生活道路の安全促進の取り組み(ゾーン30啓発活動、自転車安全利用啓発活動など)に活用します。
また、本取り組みによる交通マナー向上効果を科学的に検証していくことを目的として、国士舘大学理工学部理工学科(寺内義典教授)・日本大学理工学部交通システム工学科(稲垣具志助教)による調査研究を実施します。

本取り組みをはじめとした、新しいテクノロジーや規制緩和などの手法を活用し、ロボット先進国日本における次世代に向けたまちづくり活動を進めていきます。

イメージ

Get Adobe® Reader®

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。

サブメニューです。

企業情報
  • 安全報告書2013
  • 環境報告書
  • WE DO ECO

ページの先頭へ