ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2016年6月23日

デジタルサイネージ一体型のマルチメディアホームドアを共同開発

東京急行電鉄株式会社
日本信号株式会社
三菱電機株式会社
旭硝子株式会社

東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)と日本信号株式会社(以下、日本信号)、三菱電機株式会社(以下、三菱電機)、旭硝子株式会社(以下、AGC旭硝子)は、共同でデジタルサイネージ一体型のマルチメディアホームドア(以下、本ホームドア)を開発し、6月27日(月)より東横線武蔵小杉駅で、7月以降大井町線溝の口駅で実証実験を開始します。


本ホームドアは、AGC旭硝子が開発したガラス一体型デジタルサイネージ「infoverre®(インフォベール)」を三菱電機および日本信号が制作するホームドアの戸袋部分に設置し、東急電鉄がコンテンツ配信の仕組みと運用モデルを構築します。

今回の実証実験では、鉄道業界では最大規模となる55インチサイズのデジタルサイネージを組み込んだ本ホームドアを東横線武蔵小杉駅、大井町線溝の口駅の一部に設置し、屋外環境での技術的課題を検証すると共に、デジタルデバイスを組み合わせたホーム上での新たな情報発信に積極的に取り組んでいきます。


東急電鉄は、沿線の皆さまがイキイキと働き、快適に暮らし、楽しみのある街を実現するために、「いい街 いい電車 プロジェクト」に取り組んでいます。

その一環として、あらゆるお客さまが安全・安心にご利用いただける鉄道を目指し、2020年を目標に東横線・田園都市線・大井町線の全64駅へのホームドア設置を計画しています。
今般の実証実験の結果により、一部駅においては本ホームドアの導入を検討し、東急線ご利用のお客さまのさらなる利便性向上を目的に、さまざまなコンテンツを表示していきます。

イメージ

Get Adobe® Reader®

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。

サブメニューです。

企業情報
  • 安全報告書
  • 環境報告書
  • WE DO ECO

ページの先頭へ