地域との連携

渋谷駅周辺帰宅困難者対策協議会における活動

渋谷駅周辺地域には、多くの企業・学校・商業施設・エンターテインメント施設などが集中している特性上、通勤・通学・買い物・観光などで多くの方々が来訪されます。
日頃、来街者で賑わっている渋谷駅周辺ですが、大規模地震などの災害が発生し、交通機能などが停止してしまった場合には、速やかに自宅に帰ることができない人が多数発生し、大きな混乱が生じることが予想され、職場や学校などに留まる約3万6千人に加え、屋外で約3万人が行き場なく滞留することが推定されています。
渋谷駅周辺帰宅困難者対策協議会は、渋谷駅周辺の約100ヵ所の事業所・学校・行政が一体となって、2009年5月に結成され、当社は事務局として同協議会の中心的役割を担い、渋谷区との連携体制のもと、渋谷の街を訪れている人が大規模災害時に混乱しないよう、帰宅困難者対策の実効性を高めるための検討や、訓練の計画・実施による検証などの活動を推進しています。
2016年度には、東京都・渋谷区との合同で、4,300名が参加した大規模な訓練を実施しました。
2017年度は、大規模地震が発生した場合の駅周辺の混乱防止を目的とした協議会のルールである『渋谷駅ルール』を改訂し、また、渋谷駅周辺地域都市再生安全確保計画に定める避難誘導経路の実証訓練を行いました。
訓練の継続などにより、今後も開発により変化していく渋谷駅周辺の災害対策を充実させ、渋谷駅周辺地域都市再生安全確保計画への協力を継続しながら、さらに多くの方々に安心して来訪していただける街づくりに取り組んでまいります。

身を守る行動の実施(ハチ公前)

利用者保護(東急線渋谷駅)

避難誘導経路の実証訓練

地域の防犯・防災活動との連携

当社では、沿線地域の行政、商店街のほか、地域で活動されているさまざまな団体と協働で、各種イベントや取り組みを実施するなど、東急線沿線各地域の活性化を図っています。

二子玉川ライズでは、地域の子どもたちやファミリーを対象に、防災と救急をテーマにしたワークショップイベントを開催しています。イベント当日は、地域の消防、病院をはじめ、世田谷区、町会などのご協力をいただき、当社を含む二子玉川ライズの運営スタッフや店舗スタッフが自らワークショップの指導役となって参加し、地域一丸となって防災・救急に取り組んでいます。

この他にも、地域主催で取り組んでいる清掃活動や交通安全運動、防災訓練などにも、積極的に参加・協力をしています。

交流を誘発する施設づくり

2017年4月にクリエイターがより創造的なライフスタイルを実現できるような複合施設「渋谷キャスト」が誕生。行き交う人が、さまざまな文化や価値観に触れ、刺激を受けられる空間として、広場、多目的スペース、カフェなど、多くの共用空間を創出。また、多様な価値観を持った人の拠点となるようシェアオフィスやコミュニティ型賃貸住宅を設け、交流を促進しています。
2018年6月には、渋谷区に住む人・働く人が自ら主体となって、おとなりさんとのちょっとした交流の場を作る「渋谷おとなりサンデー」を、賃貸住宅のコミュニティ「Cift」と共に渋谷キャスト ガーデン&スペースにて企画。地域との交流に加えて、子連れ100人カイギWORKSHOPを実施するなどの情報発信を実施しました。

渋谷キャスト

地域との交流
(渋谷おとなりサンデー)

情報発信
(渋谷おとなりサンデー)

産・学・公・民で進める郊外住宅地の再生

当社と横浜市は2012年4月に「『次世代郊外まちづくり』の推進に関する協定」を締結。田園都市線沿線の住宅地を舞台に、大都市近郊の郊外住宅地が抱えている、住民の高齢化や若い世代の減少、コミュニティの希薄化など多様な課題に対して、地域住民・行政・大学・民間事業者の連携・協働によって解決していく、先導的なまちづくり事業を推進しています。これまでリーディング・プロジェクトを毎年度定め、具体的な取り組みを通じて、モデル地区である「たまプラーザ駅北側地区」(横浜市青葉区美しが丘1・2・3丁目)のコミュニティ醸成を進めてきました。
また2017年4月に協定を更新。「コミュニティ・リビング(歩いて暮らせる適度な生活圏ごとに、地域に必要な機能を適切に配置し、それらを密接に接合させていく考え方)」を基本理念に追加し、その具体化に向けた活動を進めています。さらに2017年5月には活動拠点となる「WISE Living Lab(ワイズ リビング ラボ)を全面開業させ、さまざまなワークショップやセミナーを開催しながら、郊外住宅地における新しい暮らし「コミュニティ・リビング」の実現に向けて活動しています。
そして、2019年春に、モデル地区内に「多世代コミュニティ交流機能」「身近な就労機能」「子育て支援機能」が導入された地域利便施設「CO-NIWAたまプラーザ」と共同住宅からなる施設が全面オープンする予定です。住まいから歩ける範囲内に暮らしの必要な機能が整い、誰もが安心して住み続けることができるまちを目指す「コミュニティリビング」の取り組みを推進します。

次世代モビリティのまちづくり活用

最新のテクノロジーや規制緩和などの手法を積極的に活用し、まちづくりにイノベーションを創出していくことを目指しています。その一環として、セグウェイジャパン株式会社および二子玉川地区交通環境浄化推進協議会と共同で、都市における次世代モビリティ活用のあり方について研究を進め、2016年度から、経済産業省の企業実証特例制度による規制の特例を受け、民間主体としては国内初となるセグウェイを活用した、まちなかツアープログラム「セグウェイツアー in 二子玉川」を実施しました。
このような取り組みを通して、次世代に向けたまちづくり活動を進めています。


セグウェイツアー in 二子玉川