安全推進体制

東急グループにおける安全マネジメント

当社では、安全の取り組みを統合的、効果的に推進するために、社内各部門および東急グループ各社と連携し、安全マネジメントを積極的に行っています。

安全を推進するしくみ

当社は、安全に関する取り組み事例の共有や議論を通じて、全社員の安全意識の向上、スキルアップを図り、東急グループの事業の根幹である「安全」を高いレベルで確保するため、取締役社長を議長とする「サステナビリティ推進会議」において、安全に関する重要情報を共有し、会社としての適切な対応を指示するなどの安全推進機能を担っています。

東急グループの安全を推進するしくみ

当社の安全に関する方針を東急グループ各社に伝達し、主な事故事案の再発防止策などの情報を共有することで、東急グループが共通の視点や考え方を持ち、一体となって安全を推進していくことを目指しています。そのため、当社社長室サステナビリティ推進部統括部長が議長をつとめ、東急グループ各社のサステナビリティ推進責任者などが参加する「東急グループサステナビリティ推進会議」にて、安全の推進を定例議題としており、原則として、年2回開催しています。