健康宣言と推進体制

健康宣言

東急グループの存在理念(美しい生活環境を創造し、調和ある社会と、一人ひとりの幸せを追求する)をふまえ、その実現に欠くことのできない「健康」を追求する経営を推進するため、2016年2月1日付にて制定しました。

健康経営推進のDNA

当社創業者である五島慶太翁は、『人の成功と失敗のわかれ目は第一に健康である。次には、熱と誠である。体力があって、熱と誠があるならば、必ず成功する。』(※)と残しております。健康が不可欠という考えは、当社の価値観として創業当初より脈々と受け継がれてきました。

※「熱誠」 東京都市大グループの祖・五島慶太翁 生誕130年記念誌より

推進体制と実行施策

労働安全衛生管理体制に定める中央総括安全衛生管理者(=人事担当役員)を最高健康責任者(Chief Health Officer)とします。また、人材戦略室が中心となり取り組みを推進し、東急病院による医療的な支援で連携してまいります。
この推進体制のもと、社員とその家族に対し、「メンタルヘルス対策」「がん対策」「生活習慣・運動対策」を講じることで、健康の維持・増進を図り、「安心・安全の更なる構築」と「労働生産性の向上」に務めてまいります。

これまでの取り組み

「歩く」の習慣化

当社は、従業員向けの取り組みとして、「歩く」の習慣化に力を入れています。ウォーキングの推進に向けた3つの取り組みを連動させることで、歩く習慣化を促進しています。

①WalkBiz(ウォークビズ)の推進

2016年10月の1ヶ月間、本社勤務員に対してWalkBiz(ウォークビズ)スタイルでの勤務を推奨しました。足元を身軽にし、ひと駅歩くことや階段を上ることで、一番長い時間を過ごす職場を運動環境に変えることを目的としています。

②ウォーキング大会の開催


ウォーキング大会の様子(10月開催)

2016年10月末には東急労働組合と共同開催にて、ウォーキング大会を開催。約700名が参加しました。
職場コミュニケーション単位もしくは家族と参加する方がほとんどであり、ウォーキングを始めるきっかけ作りと、職場や家庭のコミュニケーション活性化を推進しています。

③職場対抗ウォーキング選手権の開催

2016年11月~2017年1月末まで健保組合が推奨する歩数計アプリを利用し、職場単位で歩数を競い合う「職場対抗ウォーキング選手権」を実施しました。これは、昨年度より取り組んでいる「職場一丸となって健康を志向する文化」を醸成する試みであり、結果を集計し、成績優秀な部署にはCHOより表彰しました。

年間を通じた運動イベント

ウォーキング大会のみならず、運動会・駅伝大会も労働組合との共催にて年に1度開催をしており、どちらも例年1,000名以上の参加規模となる、伝統的な大イベントとなっています。また、ウォーキング大会・運動会は、従業員のみならず、そのご家族にも数多く参加していただき、健康宣言にて掲げる従業員とそのご家族の健康づくりの一環として、運動する楽しさやウォーキングの習慣化を促進しています。


運動会の様子(5月開催)


駅伝大会の様子(11月開催)

がん対策

がんの早期発見、治療による効果は、本人やご家族のみならず、会社にとっても重要な取り組みであり、健康経営を進めるうえで重要施策と捉えています。
これまで当社では、東急病院・健康管理センターの定期健診や人間ドックにより、従業員に対して一定のがん対策を行ってまいりましたが、さらなる取り組みの強化として、以下の通り実施しています。
特に、胃がん対策として、ピロリ菌感染有無や胃粘膜萎縮度を調べる胃がんリスク検診(ABC検診)により、胃がんのリスクを分類評価し、がんの罹患予防の一助としました。また、ダイバーシティマネジメントの推進により女性の就業者比率が向上しており、これに伴って、卵巣がんや乳がん対策を強化しています。

項目 実施内容 実施対象年齢
大腸がん検診 便潜血検査2回法 35歳以上全員に実施
胃がんリスク検診(ABC検診) 血液検査 35歳以上全員に実施(1回)
前立腺がん検診(PSA) 血液検査 40歳以上の男性全員に実施
卵巣がん等検診(CA125)
子宮頸がん検診
血液検査他 35歳以上の女性全員に実施
乳がん検診 マンモグラフィ
および 乳房超音波
35歳以上の女性全員に実施(隔年)

クラウド型健康支援アプリケーションを活用した職場対抗「体重コントロール」

鉄道の現業職場では、2015年9月から「目指せ!“すまーと”ステーション」と称し、クラウド型健康支援アプリケーションを活用した「体重コントロール」を職場対抗で競う取り組みを開始しました。また、職場単位でのウォーキングイベントの開催、東急病院の管理栄養士が、まかない料理の栄養指導を実施するなど、新たな取り組みも推進しています。これは、生活習慣病をはじめとした疾病予防を目的に、職場単位で健康に取り組み、管理監督者による管理視点を加えることで、「職場一丸となって健康を志向する文化」を醸成する試みです。


職場単位でのウォーキングイベント


職場対抗「体重コントロール」


東急病院の栄養管理士によるまかない料理の栄養指導

「健康ステーション大岡山」

当社では、従業員の健康促進のみならず、沿線のみなさまの健康づくりを応援しています。 東急病院がある大岡山駅周辺を「健康ステーション大岡山」と称し、健康の発信拠点として、2015年から、駅の階段に健康応援メッセージを記載したステッカーを貼付しているほか、東京工業大学の大岡山キャンパスと協働し、健康チェック&ウォーキングイベントを開催するなど、さまざまな取り組みを実施しています。


駅構内の階段などに、健康応援メッセージを記載したステッカーや、セルフチェック表を貼付


聴診器をつけた「のるるん」も登場