ダイバーシティへの取り組み

個々の多様性を生かした組織づくりを推進することにより、社員が持っている力を存分に発揮し、いきいきと輝ける環境づくりを図ってまいります。

東急電鉄は2020年までに女性管理職を倍増(40人)を目標とします

ダイバーシティマネジメントと推進体制

2015年度を初年度とする中期経営計画における重点施策のひとつとして「ワークスタイル・イノベーション」が掲げられました。

ワークライフバランス推進と諸制度の概要

多様な働き方を支えるために、利用しやすい諸制度の検討と整備を進め、周知や利用促進にも努めています。

女性人材の活躍

当社では従来から採用や配属を男女の区別なく行っており、若手から管理職まで多くの女性が活躍しています。

仕事と育児・介護の両立支援

育児・介護をされている社員を支援するために、さまざまな交流会やフォーラムなどを行っています。

高齢者・障がい者・グローバル人材の活躍

社会の高齢化、グローバル化などに適応するためにも、多様な人材のさらなる活躍の場を整備しています。

フォーラムや研修の実施

従業員一人ひとりの働き方や生涯生活設計をサポートするためのセミナーや、人権に関する教育を行っています。

人材に関するデータ

従業員男女比、休暇取得率などのデータを公開しています。

社外からの評価

さまざまな当社の取り組みについて、社外から評価された実績を紹介します。