―未来、そして世界とつながる街へ―渋谷駅周辺開発プロジェクト

当社は、渋谷駅周辺地区開発事業において「渋谷駅街区」と「渋谷駅南街区」を都市再生のモデルプロジェクトとし、大規模開発を進めています。
渋谷は、東急グループが一翼を担いながら、街のにぎわいを創出し文化を発信し続けることで、映画やファッションなどさまざまなエンタテイメントが集積する街へと進化を遂げています。現在進めている大規模開発を通して街全体の活性化を促すことで、世界への流行発信地となり、憧れの対象として訪れたくなる街「エンタテイメントシティSHIBUYA」となることを目指しています。

渋谷駅周辺開発の全体図

全体図 将来像
「渋谷駅前エリアマネジメント協議会」提供

日本最大級の屋外展望台を備えた新たなランドマークが誕生

1.渋谷駅街区 東棟2019年度竣工(予定)/中央棟・西棟2027年度竣工(予定)

東棟、中央棟、西棟の3棟から成り、東棟は2019年度、中央棟·西棟は2027年の竣工を予定、3棟合計で延床面積が約276,000m2となる⼤規模開発です。地上47階、高さ約230mからなる東棟の屋上には、日本最⼤級の規模を誇る屋外展望台も設置され、名実ともに街の新しいシンボルとなります。

日本最大級の屋外展望台で来訪者を魅了

渋谷随一の高さ(地上約230m)から、代々木公園の後方に広がる新宿の超高層ビル群、六本木・都心方面、そして富士山に至るまで、遮るものがない素晴らしい眺望が広がります。
さらに、世界的観光名所であり、世界一人通りが多いともいわれるスクランブル交差点を眼下におさめ、渋谷の圧倒的なダイナミズムを体感できる場所となります。
超高層ビルの屋上を全面的に活用したものでは日本最大級の規模を誇り、その開放感は圧倒的です。

世界から常に注目を集め続ける街の実現

高層部には、渋谷駅周辺で最大級となる貸床面積約73,000m2のハイグレードオフィスと中·低層部には、世界から集客し街のにぎわいにつなげる店舗面積約70,000m2の大規模商業施設を備えています。大規模ターミナル駅を中心とする都市再生のモデルプロジェクトとなるとともに、世界中から常に注目を集める街の中心的な役割を果たしていきます。

安全で快適な街をめざして

交通結節機能の強化や歩行者の利便性の向上、防災機能の強化を図ります。東西駅前広場をつなぐ自由通路の拡充や、アーバン·コアの整備、渋谷駅街区と宮益坂上方面、道玄坂上方面をつなぐスカイデッキの整備、災害時に帰宅困難者を受け入れる一時滞在機能の整備などを行います。
※アーバン・コア
エレベーターやエスカレーターにより多層な都市基盤を上下に結び、地下やデッキから地上に人々を誘導する、街に開かれた縦軸空間


「渋谷駅前エリアマネジメント協議会」提供

渋谷川沿いに生まれる、潤いとにぎわいの空間

2.渋谷駅南街区 2018年秋開業(予定)

東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転開始による東横線渋谷駅の地下化で利用されなくなった旧東横線渋谷駅のホームおよび線路跡地に、地上35階高さ約180mの高層複合ビルを計画しています。2018年秋の開業予定です。

次世代の産業が育まれる場として

貸床面積約45,000m2のオフィスとこれらを支援する機能を備え、クリエイティブ·コンテンツ産業拠点の1つとなることを目指します。高層部にはフロアあたり約2,100m2のオフィスを配し、中層部には東急ホテルズによる約180室のホテル、低層部にはイベントホール、商業施設などを配置します。育成・創造・交流・発信を加速させる環境を創出し、クリエイティブワーカーの聖地を目指します。

旧東横線渋谷駅を記憶に残し、新しい人の流れを創出する


渋谷ヒカリエ方面から望む全体像

建物の低層部では、東急線、東京メトロ線、JR線の新設出入口と直結する歩行者専用デッキや地下通路、緑の遊歩道整備などを行い、渋谷三丁目地域と渋谷駅の利便性を高め、地域内の回遊を促進します。
一方、旧東横線渋谷駅を記憶として残すべく、国道246号を跨ぐ旧駅の高架部分を渋谷駅街区と渋谷駅南街区をつなぐ歩行者デッキとして再利用すると共に、かまぼこ屋根などのデザインを取り入れます。

渋谷川を活用してにぎわいを生み出す


壁泉(へきせん)と渋谷川沿い店舗のにぎわい(イメージ)

官民連携による渋谷川の再生とにぎわいの創出は渋谷駅南街区の大きな特徴です。現在、水量も緑も少ない渋谷川に、清流復活水を活用して水流を取り戻し、川沿いに約600mに及ぶ緑の遊歩道とにぎわいの広場を整備することで、都市における水辺のにぎわいと潤いの空間を取り戻します。

3.渋谷宮下町計画

延床面積:約35,000m2
2017年春開業(予定)

多様な都心居住スタイルを促進する賃貸住宅、シェアオフィスを中心とするクリエイターの創造活動拠点を設けるほか、にぎわいと憩いの場となる広場や居住者が集い交流できる共有部といった「つながり」を生む空間を持った施設となります。

4.道玄坂一丁目駅前地区

延床面積:約58,680m2
2019年度開業(予定)

ハイグレードオフィスや商業施設に加え、空港リムジンバスの発着場を含むバスターミナルや、手荷物預かり、外貨両替、観光案内などの観光支援施設を整備した施設となります。

5.渋谷駅桜丘口地区

延床面積:約252,870m2
2020年開業(予定)

立体的な歩行者ネットワークを形成し、周辺地域への回遊性の強化·推進に貢献します。また、商業・業務・居住機能に加え、外国人ビジネスマンなどに対応した国際医療施設、サービスアパートメントなどを整備し、国際競争力の強化に資する都市機能を備えます。

6.南平台プロジェクト

延床面積:約46,954m2
2019年開業(予定)

大規模オフィスビルとして、低層部にはインキュベートオフィスなどの産業支援施設を設けることで渋谷発のビジネス・企業を育成し、渋谷のクリエイティブ・コンテンツ産業のさらなる充実化を図ります。

※「道玄坂一丁目駅前地区」「渋谷駅桜丘口地区」は、東急不動産が組合員および参加組合員として事業に参画しています。
※「南平台プロジェクト」は、東急不動産と地権者で設立した「道玄坂121」が事業主体となっています。

渋谷駅周辺整備

渋谷駅周辺整備東口アーバン・コア周辺の将来像

2020年までの整備(予定)

東口駅前広場 地上における駅前広場空間の創出。バスターミナル再配置。
  東口地下広場 駅施設・駅前広場と一体的な、地下における公共空間の創出。
東口アーバン·コア 地下2階の東横線·東京メトロ副都心線コンコースから1階JR線改札と3階JR線·東京メトロ銀座線改札を縦につなぐ。
東口2階デッキ 現状の仮設部に替わるようにして東棟が建ち、渋谷ヒカリエ·宮益坂方面へとつなぐ。
東口·西口国道デッキ 国道246号にかかる東西の歩行者デッキを拡幅、周辺街区とも接続。

2027年までの整備(予定)

西口駅前広場 ハチ公広場の拡充、バスターミナル再配置。
西口タクシープール(地下) タクシー乗降場を地下に集約、タクシープールの拡充。
西口アーバン·コア 3階のJR線·東京メトロ銀座線改札からハチ公広場、渋谷マークシティ内京王井の頭線改札·道玄坂方面へとつなぐ。
自由通路 東西駅前広場の連続性·一体性を確保する自由通路拡充。

災害対策とにぎわいの両立を目指した東口地下工事

渋谷駅東口の地下では、土地区画整理事業として、交通結節機能の強化と安全で快適な広場空間を形成するため、渋谷川を移設する工事を行ったほか、地下広場の整備を行っています。また、雨水貯留槽を整備し、水害に強い街を目指します。

東口地下広場 2020年ごろ完成(予定)延床面積:約1,600m2

高い階層にある駅(JR線・東京メトロ銀座線・京王井の頭線)と、地下にある駅(田園都市線・東京メトロ半蔵門線、東横線・東京メトロ副都心線)との結節点に位置する東口地下広場は、歩行者ネットワークと滞留空間の両面から非常に重要な空間となります。

渋谷川の移設と地下貯留槽 2020年ごろ完成(予定)

最大貯留量:約4,000t 最大深さ:地下25m
渋谷駅東口の地下では地下広場を整備するため、渋谷川を東側に移設しました。
また、近年増加しているゲリラ豪雨への浸水対策として、渋谷駅東口の地下に、約4,000t(25mプール約8個分相当)の雨水を一時的に溜める貯留槽を新たに整備します。スリバチ状の地形である渋谷は最も低い位置に駅があるため、この地下貯留槽の整備により安全・安心なまちづくりが実現します。

渋谷駅 出入口改良とバリアフリー化

出入口8番の改良 2017年春ごろ 使用開始(予定)

ハチ公広場につながる出入口8番大階段に、上下方向のエスカレーターを整備します。これにより、ハチ公広場と地下街、渋谷駅との間のアクセスが向上します。
このほか、2016年度中の工事着手を目標に、スクランブル交差点周辺の出入口6番と道玄坂改札口付近をつなぐエレベーター、およびハチ公改札口前の上下エスカレーターの新設を検討しています。

出入口14番の改良 2017年夏 使用開始(予定)


※イメージであり、実際とは異なる場合があります。

東横線·東京メトロ副都心線渋谷駅とJR渋谷駅との主要な乗換経路となっている出入口14番では、エスカレーターが1基のみで、時間帯で上下方向を切り替えて運用しています。新設の仮設出入口14番は、エスカレーターの増設などの改良を実施することで、2019年度のアーバン·コアの整備を待たずに、上下方向別のエスカレーターを終日利用することが可能となります。