東急多摩田園都市とまちづくり

当社では、前身である「田園都市株式会社」(1918年設立)による田園調布・洗足などでの住宅地開発をはじめ、街づくりを常に事業活動の中心に据えてきました。その象徴ともいえるのが、当社が中心となって半世紀以上にわたり取り組んできた「東急多摩田園都市」の開発です。

東急多摩田園都市開発の歴史

東急多摩田園都市開発事業は、田園調布・洗足などの高級住宅地開発のノウハウを引き継ぎ、1953年に故五島慶太会長が東京の人口過密を予測して優良な住宅地の供給を目指した「城西南地区開発趣意書」を発表したことが起点となっています。「東急多摩田園都市」は、川崎、横浜、町田、大和の4市にまたがる東京西南部の多摩丘陵の一部エリアで、都心から15~35kmの位置にあり、開発総面積は約5,000ha、人口は約62万人(2017年3月31日時点)と、民間主体の街づくりとしては、国内最大規模を誇っています。
2006年3月の犬蔵地区(川崎市宮前区)の土地区画整理事業の完了によって、開発はひとつの区切りを迎えましたが、引き続き松の久保地区(大和市)の開発をはじめ、「東急多摩田園都市」をより住みよい街、そして生活しやすい街にするための取り組みに力を注いでいます。このような街づくりの姿勢が評価されて、1988年には建築の分野では最高の賞といわれる「日本建築学会賞」を、また1989年には民間で初となる第9回「緑の都市賞~内閣総理大臣賞~」を受賞しました。
さらに、2001年には「都市緑化功労者国土交通大臣表彰」を、2003年には「日本都市計画学会賞・石川賞」を受賞しています。

東急多摩田園都市地図

東急線沿線外における住宅地開発

当社では、これまでに東急線沿線外でも、数々の街づくりを行ってきました。神奈川県平塚市の「湘南めぐみが丘」や福岡県の「小郡・筑紫野ニュータウン」で計画的な街づくりを進め、戸建て住宅の販売や宅地分譲を行ってきました。なお、静岡県裾野市の「千福ニュータウン」や、小郡・筑紫野ニュータウン」内の「美しが丘プレステージアベニュー」は都市景観大賞を受賞するなど、優良な住宅地として高い評価を得ています。

東急多摩田園都市開発年表