光インフラ事業

鉄軌道敷光ファイバー芯線・管路賃貸

東京急行電鉄では情報化を推進するために、有限な鉄軌道敷スペースを有効且つ公正に提供する光ファイバーケーブル一条を敷設し、芯線賃貸事業を行っています。現在、東横線、目黒線、田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線、世田谷線のほぼ全線(総延長約120km)に光ファイバーケーブルを敷設しています。

芯線賃貸

(1)窓口

東京急行電鉄株式会社 生活創造本部 生活サービス事業部
スマートライフ戦略部 ICT事業企画課
光インフラ担当
TEL:03-3477-6559

(2)主な芯線賃貸用光ファイバーネットワーク(約120km)

東横線 渋谷駅~横浜駅
目黒線 目黒駅~多摩川駅
田園都市線 渋谷駅~中央林間駅
大井町線 下神明駅~二子玉川駅
池上線 五反田駅~蒲田駅
東急多摩川線 多摩川駅~蒲田駅
世田谷線 三軒茶屋駅~下高井戸駅

(3)主な契約概要

賃貸期間 原則3年以上
賃貸芯線数 2芯単位
使用料

累計契約芯線距離に応じて、新規ご契約分がお安くなります。

事例1 累計契約芯線距離 100km超~300km 160円/m芯年
事例2 累計契約芯線距離 300km超~360km 150円/m芯年
一時金 初期費用として、工事負担金等がございます。

その他詳細は、直接窓口にお問合せ下さい。

(4)対象顧客

電気通信事業者様、データセンター事業者様等、大容量データを扱う法人様

管路賃貸

(1)窓口

東京急行電鉄株式会社 生活創造本部 生活サービス事業部
スマートライフ戦略部 ICT事業企画課
光インフラ担当
TEL:03-3477-6559

(2)お断りする場合

総務省「公共事業者の電柱・管路等使用に関するガイドライン」第3条(賃与拒否事由)に基づき、お断りする事がございます。

(3)提供を受けるための手続きの申込みから使用までの標準的な手続き

調査の申し込み →調査結果の通知→設計の申込→施設使用予約契約
→工事基本設計→施設使用契約→工事施工協定→保守管理協定
→工事実施→運用開始

(4)使用料

施設使用料は区間や条件等により異なりますので、別途ご相談させていただきます。

(5)調査のお申込みから提供の可否までの標準的な期間

原則、2ヶ月以内に提供の可否について回答いたします。
但し、区間により調査量が異なるため状況によりご相談させていただきます。

(6)調査に係わる費用

申し込み区間により異なりますが、調査に要した人件費、交通費及び機械器具損料等を基に算出し、全額ご負担していただきます。

(7)調査の申し込みから設備の使用開始までの標準的な期間

おおむね1年間を標準期間としますが、敷設に伴う大規模改修等必要な場合がございますので、使用区間により期間は異なります。

(8)その他

管路等の使用状況や光ケーブルの敷設方法(鉄軌道営業に影響を与える等)により場所貸しが困難な場合もございます。

その他詳細は、直接窓口にお問合せ下さい。

電気通信事業光専用線サービス

関東私鉄各社の鉄軌道敷等光ファイバーケーブルを組み合わせ、アクセス回線にNTT東日本などの光ファイバーケーブルを使用し、「鉄軌道敷等光専用線サービス」として帯域完全保障の比較的大容量回線を必要とする法人向け(BtoB)に、提供している通信サービスです。

(1)窓口

東京急行電鉄株式会社 生活創造本部 生活サービス事業部
スマートライフ戦略部 ICT事業企画課
光インフラ担当
TEL:03-3477-6559

(2)サービスエリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、静岡県
※一部地域を除く。

(3)主な契約概要

賃貸期間 原則1年以上
使用料 回線距離やボリュームにより個別に算出いたしますので、別途お問合せ下さい。
一時金 初期費用として、工事負担金等がございます。

その他詳細は、直接窓口にお問合せ下さい。

(4)納期

3ヶ月程度(ネットワーク構成によっては、4ヶ月程度掛かる場合がございます)

(5) 対象顧客

一般企業様、学校様、団体様等