東急グループ内外の力を結集した新たな成長事業仙台空港運営事業 スタート

2016年7月、当社を含む全7社で設立した「仙台国際空港株式会社」は、国管理空港の民営化第1号となった仙台空港の運営事業を開始しました。当社にとって新たな取り組みとなるこの事業は、当社がこれまでに培った地域と一体となった長期的事業の運営ノウハウを活用し、東急グループ内外各社と共に、東北エリアの交流人口を増やし、地域経済の活性化に貢献していくものです。

国管理空港の民営化第1号案件が本格的に始動

2014年6月、国管理空港における民営化第1号案件として、仙台空港特定運営事業等の募集要項が公示されました。
当社、前田建設工業、豊田通商、東急不動産、東急エージェンシー、東急建設、東急コミュニティーの7社は、企業連合「東急前田豊通グループ」を組成し、これに応募。将来に向けた現実的な提案が高い評価を得て、優先交渉権を獲得しました。2015年11月には空港運営事業のための「仙台国際空港株式会社」を設立。2016年2月、空港ビル施設の運営を開始し、2016年7月、着陸料の収受、滑走路の管理なども含めた一体的な運営を開始しました。今回の民営化により、これまで国、地元自治体、第3セクターなどが別々に行ってきた空港運営事業を、「仙台国際空港株式会社」が一括して行うこととなりました(官制業務を除く)。事業期間は30年、延長によって最長65年という長期的な事業です。

民営化による運営体制の変化

東北で一番に選ばれる空港を目指して

仙台空港運営事業におけるコンセプトは「プライマリー・グローバル・ゲートウェイ」。航空ネットワークの拡充によって利便性を高め、東北の人たちに一番に選ばれる空港を目指しています。空港の利便性向上のため、格安航空会社(LCC)の新規就航促進や東北ブランドの発信拠点となる商業店舗の拡充など、さまざまな活性化施策に取り組んでいきます。また、旅客数・貨物量増に向けた施設機能の改修·増強も行います。

仙台空港の将来像

航空ネットワークと空港施設の拡充

旅客搭乗施設(ピア棟)の新設

ピア棟の新設により搭乗ゲートを増設し、駐機数の増加を図ります。また、固定搭乗橋を設置しないことで搭乗橋使用料を削減。バス送迎コストの縮減などを通じて、エアラインの費用負担を軽減し、LCCなどの新規就航を喚起します。

旅客ターミナルビルの改修

出発直前まで買い物と飲食を楽しめる快適な施設を目指して、商業店舗の拡充を進めています。中でも、東北ブランド発信機能の増強を推進しており、物販や飲食の店舗だけでなく、宮城県や東北地方の観光紹介やイベント紹介、東北の四季を感じるイメージ映像を放映する「マルチメディアウォール」の設置など、多種多様な情報発信を行っていく予定です。併せて、到着旅客のための「アライバルカフェ」の設置、総合案内所機能や安心かつスムーズな搭乗をサポートする設備機能の増強を図ります。


ターミナルビルの商業施設(イメージ)


総合案内所· アライバルカフェ(イメージ)


保安検査後エリアの商業施設(イメージ)


マルチメディアウォール(イメージ)

交流人口の増加に向けて、地域事業者と一体となって取り組む

仙台空港は、東日本大震災の津波被害を受けて閉鎖となり、その後早期復旧を果たした震災復興の象徴的存在であり、地域経済活性化の起爆剤としての役割が期待されています。交流人口を増加させ東北の活性化につながるよう、鉄道ネットワークなどの空港アクセスの利便性向上、農林水産物の輸出支援など、空港の利用を促進する取り組みを地域事業者と一体となって検討、推進していきます。